シーツ―エグゼキュートとは

約150社に及ぶ建設業様向け基幹システム構築の実績を生かし、ゆるぎなき自信とノウハウを持って送り出す工事原価管理アプリケーション・パッケージです。

会社法改正、建設業法、ISO9000、日本版SOX(JSOX)、工事進行基準、時価会計、連結決算、JV(ジョイントベンチャー)会計、資産除去会計、そして、IFRS(国際会計基準)と、様々な会計に関わる業務が変化し、複雑な処理が増え、会社経理業務への負担は増えております。しかしながら、建設業界を取り巻く経営環境は厳しさを増し、管理部門の人材確保は非常に困難な状況下で、建設業会計システム・工事原価管理システムに求められる要求は年々高度な物となってきております。
このような背景のなか、「シーツーエグゼキュート」では、以下の建設業会計と工事原価管理を実現します。
建設業会計においては、内部統制やIFRS(国際会計基準)、グループ統一会計などの経営課題にも対応でき、また、迅速な制度改正対応は継続的な機能成長を誇るパッケージ「勘定奉行V ERPシリーズ」を採用することで実現します。
工事原価管理においては、細かい単位での原価管理が行え、また、タイムリーに工事収支の把握が行える仕組みを提供することで、現場管理者が問題の早期発見を実現します。

5つの製品コンセプト

経営判断のスピード化

企業が競争優位性を保ちビジネスを進めるためには、日々激しく変化する事業環境に迅速に適応し続けることが重要とされています。
スピーディな企業経営を行うためには、タイムリーな経営判断が必須となります。

月次決算業務の早期化

月次決算業務の早期化は経営判断のスピード化にもつながります。日々、新鮮で正確な業績報告が重要であり、経理部門の努力だけでなく、業務改善も必要ですし、関連部門の協力も必要です。「シーツーエグゼキュート」では決算早期化を手助けするための施策をいくつも備えています。

リアルタイムな原価管理

「シーツーエグゼキュート」では案件情報、受注から完成、入金まで一気通貫した工事収支管理が可能です。
工種別原価管理、要素別(材料費・労務費・外注費・経費の科目別管理)原価管理に対応し、工事の収支状況をさまざまな角度からリアルタイムに把握できます

管理コストの削減

サービス原価を把握することは、損益分岐点の理解につながります。原価計算は複雑な計算を要しますが、「シーツーエグゼキュート」では、正確な数値を迅速に把握することが可能となります。また、オービックビジネスコンサルタント社の勘定奉行V ERP10/11シリーズと連携し、工事収支に関わる会計仕訳伝票は即時にシーツーエグゼキュートに反映します。

問題工事の早期把握

工事の抱える問題の早期発見や工事の可視化は命題となっています。問題工事の早期発見はコストの大幅な流出を防ぐとともに、コンプライアンスにも寄与します。「シーツーエグゼキュート」では工事の可視化を手助けする施策のひとつとして問題の指数化を行えます。

お問い合わせ・資料請求はこちらから

製品の特長

特長① 成長性のある会計システムと完全連携

シーツーエグゼキュートは、多くのユーザー様が支持する「勘定奉行V ERPシリーズ」と完全連携します。データの二重入力、CSV連携など非効率な運用を全廃し、双方向の連携、シームレスな運用をご提供します。

成長性のある会計システムと完全連携

特長② 内部統制の強化を支援

ログ管理機能により、「いつ、誰が、何を入力したか」が明確になります。
モデル原価率や実行予算による統制を、工事収支照会でモニタリングが可能となり、発生する問題を指数として捉え、工事総合評価が可視化されます。
test_landingpage_material_img

特長③ 最適なシステムを構築

工事原価管理を必要とするユーザー様では、機能カスタマイズのご要望も多く、短期間での最適なシステムを構築し提供すること、様々なカスタマイズの実績を保有していることも製品の特長としております。

基本的には、標準パッケージのみでご利用いただけます。標準パッケージと併せて、お客様の業務にあったオプションを自由に選択することが可能で、初期投資を抑えることも可能です。

※カスタマイズには、パッケージ価格とは別に開発料金が必要となります。

基本パッケージ

マスタ

案件処理

受注処理

実行予算処理

発注処理

業者支払請求処理

業者支払実行処理

工事収支

完成処理

入金処理

オプションパッケージ

経費精算

ワークフロー

JV出資金請求

労災保険

人件費配賦

間接費配賦

シーツーエグゼキュート誕生までの歩み

製品の概要

本システムは、工事を受注から完成、入金まで一貫した収支管理を可能とし、原価は工種別、要素(材料費・労務費・外注費・経費の科目)別に管理対応しています。発生した工事原価の伝票は、システムへ登録と同時に工事収支に反映され、会計情報として勘定奉行V ERPシリーズにて一元管理される仕組みとしています。

工事情報を詳細まで管理
シーツーエグゼキュート_機能_工事情報を詳細まで管理_01
詳細はこちら
予算統制を支援
シーツーエグゼキュート_機能_予算統制を支援_02
詳細はこちら
支払管理(債務管理)
シーツーエグゼキュート_機能_支払管理(債務管理)_03
詳細はこちら
入金管理(債権管理)
シーツーエグゼキュート_機能_入金管理(債権管理)_01
詳細はこちら
最終予想原価を管理
シーツーエグゼキュート_機能_最終予想原価を管理_05
詳細はこちら
問題を可視化
シーツーエグゼキュート_機能_問題を可視化_06
詳細はこちら
機能・スペック

製品の実績

上場企業を含む建設業様へ、累計導入企業数約150社の導入実績!

年間工事件数 3,000 件/年 以上の会社様への対応実績!

年間伝票件数 約 6 万件、約 40 万行の対応実績!

※導入実績累計は、工事原価システム「CONST-PACK」「KENTA」を含む実績数です。

お問い合わせ・資料請求はこちらから

工事原価管理システムはNDISまでご相談ください

「シーツーエグゼキュート」は、建設業の会社が、建設業のお客様のために開発した工事原価管理システムです。

自社で得た長年の建設業のノウハウをパッケージに施し、建設業のみならず、工事原価管理を必要とする様々な業種のお客様にご利用いただいております。

カスタマイズも最小限に、お客様に最適な工事原価管理システムを提供いたします。

デモンストレーションも可能ですので、下記お問い合わせボタンよりご用命ください。